登記・測量

登記・測量

土地家屋調査士は不動産の表示に関する登記における唯一無二の専門家です。弊社では2名の土地家屋調査士と2名の補助者(測量士補)を有し、土地家屋調査士法に定める業務の他、特に以下の業務を中心に活動しています。

建物損害調査において25年以上の実績がある為、とりわけ建物登記並びにその周辺業務において自信が有ります。

建築工事に先立つ現況調査・測量業

建築計画を進める上で土地・建物の現況や、接道状況と高低差、インフラ設備の現況を明確にすることはとても重要です。その後の設計プランの立案においても正確な測量・正確な図面は欠かす事ができません。

弊社ではご要請に応じて現況調査を行い、大切な不動産(土地・建物)の取得計画を円滑に運ぶ手助けをさせて頂きます。工事着手前の「補償業務管理士」や「建築士」による近隣家屋の事前調査も行えます。

不動産登記・測量業

不動産登記は、わたしたちの大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般公開することにより、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。

建物の新築や取り壊し、床面積の変更を伴う増改築や用途の変更、車庫の増設のほか、土地の分割や用途変更など、登記を行うべきものはたくさんあり、登記申請の義務が課せられているものもあります。

弊社では不動産の表示に関する登記について必要な以下の業務を行っています。

  • 土地又は家屋に関する調査又は測量
  • 不動産の表示に関する登記の申請手続又はこれに関する審査請求の手続についての代理
    ※建物表示登記、土地建物表示変更・更正登記、土地分筆登記、土地合筆登記、滅失登記
  • 動産の表示に関する登記申請手続又はこれに関する審査請求手続について法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録の作成
  • 筆界特定手続についての代理
  • 筆界特定の手続について法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録の作成…他

PAGE TOP